毒草一覧次の花
イヌサフラン、コルチカム


秋植えの球根植物です。秋頃に開花した後、葉を出してきます。観賞用に園芸種として栽培されていますがちょっとお高い感じがしますね。植えなくてもそこらへんに置いておくだけでかってに球根から花が咲いてくるといういたって元気な花。


毒草名  イヌサフラン、コルチカム、アキズイセン、オータムンクロッカス(Autumn Crocus)
学 名  Colchicum autumnale LINN.
特 性  ユリ科 イヌサフラン属、元気印の球根植物
花 期  9〜10月
毒部位  種子、鱗茎
成 分  コルヒチン(Colhicine)、デメコルシン(Demecolcine)
症 状  脱毛、下痢、嘔吐、腹痛、肝障害、呼吸不全、中枢神経麻痺、呼吸麻痺


 

秋になると葉を出す前に紫色の花を咲かせます。種なしスイカはこの花から抽出したアルカロイド「コルヒチン」を用いて日本で作られました。

 





放って置くと葉がモシャモシャと茂ってきます。

 

こんな花弁の細いタイプがあります。

 

八重咲きもあるんですね。雰囲気がだいぶ異なります。


 

自覚症状が出てくるのが半日から2日と遅く、気づいたときは手遅れとなるこわ〜い毒性を持っています。


 

≪MEMO≫
・コルヒス(Colchis)の魔女の破壊の火。
・アルメリアの古都コルキス。
・イヌではない「サフラン」
 
・Colhicine:LD50[0.6mg/kg]


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS